« 放課後プレイ | メイン | ねんがんの »

2009年2月 9日

気をつけて! ラストレムナント

 以前に『ラストレムナント』で発生条件がものすごい難度のクエストがあることを書きましたけど、とりあえずクリア寸前だったので、そのデータで一応ラスボスまで倒して一応の区切りがついたところで、Disc1のラスト辺りでセーブして取っておいた別セーブデータで再開して例のクエスト発生させようと考えてたんですが……。

 そもそもこのクエストにこだわる理由は、何度か書いているXbox360の「実績」ポイント。Xbox360のゲームには必ずやり込み項目が設定されており、それを達成する度に難度に見合ったポイントが加算されていく(ひとつのゲームにつき合計上限1000ポイント)というものなんですけど、『ラストレムナント』の場合、上に書いたクエストをクリアし損なうと、結果的に400ポイントも取り逃がすことになるという。1000のうちの400ですから、実に半分近いわけで、できることなら取っておきたい。というわけで、せっかくDisc1のセーブデータを残しておいたし、最初からやり直すよりは早いだろうと再開してみたのですが、思わぬ罠が!

 ここからはもう完全に『ラストレムナント』プレイヤーにしか意味ワカランと思いますが……200ポイント得られる実績「THE LAST MOMENT」はクエスト「終わりの先の変わることのないもの」をクリアすることによって解除。そのクエストの発生条件は、「憎悪の果てに」以外のクエストをすべてクリアしている状態で聖平原バトル後にオズワルドと会話した後……なのですが、攻略本によると「終わりの先の変わることのないもの」発生条件にはクエスト「蘇る伝説」の最後で下の選択肢を選んでいることが必要らしく、俺のDisc1セーブデータはこのクエストクリアした状態のものであり、記憶を遡ってみれば下ではなく上を選んだような気も……というわけでDisc1セーブデータから数十時間プレイし、パーティーメンバーの強さも最初のセーブデータを越えつつあったけどこれ多分失敗! 返して! ボクの時間返して!

 このことは攻略wikiにも書いてないから、これからプレイする可能性ある人は気を付けたほうがいいと思うよウフフ! このゲーム、ただでさえ普通のRPGより一周に時間と体力使うから、さすがの俺も3回目はキツい……と、そこでふと思ったのが、4月に発売予定されてるPC版『ラストレムナント』。全ユーザーが血の涙を流すほど渇望した「リーダーユニット数上限解放」と「戦闘倍速モード」なんてのが搭載されており、Xbox360版にもつけてほしい! と思う反面、ただでさえヤバいくらい処理落ちしてたからメモリ的に絶対無理だな……と悟ってしまうわけで、予定されてたPS3版も多分ムリ……じゃないかな……。

 リーダーユニット数の上限が解放されることで、今までやりたくてもできなかったパーティー構成が可能になり、「Game for Windows」表記があるゲームは実績もPC版で取れたりするので、どうせ3回目やるなら新鮮なパーティーメンバーで……と思い、ベンチマークソフト試したところ、処理落ちどころか停止しました。2回も通してプレイした挙句にPC版購入検討とか、どんだけラスレム信者だよってカンジですけど、俺のPCじゃプレイすることすら不可能らしい。いろんな意味で終わった……俺のラスレム実績は600でフィニッシュです……こんな気持ちは小学生の時に「今日はバラモス倒すぜ!」と意気込んでたら冒険の書が消えた時以来だ。この気持ちを歌の歌詞で例えると、村下孝蔵の「踊り子」の「軽いめまいの後 写真をばらまいたように 心が乱れる」ってカンジ。孝蔵、俺を慰めてくれ……。






[Xbox360] | コメント (5)

コメント

>こんな気持ちは小学生の時に「今日はバラモス倒すぜ!」と意気込んでたら冒険の書が消えた時以来だ。
ごめん声出してワラタwwwwwwwww


投稿者 あたりめ : 2009年2月 9日 19:31

>>こんな気持ちは小学生の時に「今日はバラモス倒すぜ!」と意気込んでたら冒険の書が消えた時以来だ。
小坊時代に、FF6でブラキオレイドスを狩りまくって、やっとこさスリースターズを手に入れて
「これで魔法が使い放題だヒャッホイ!」
なんて思った翌日に記録が消えていた事を思い出したぜ…


投稿者 nanase : 2009年2月11日 04:11

「数十時間が無駄になる」という喪失感は
ゲーム以外ではあまり体験することのないモノですから、
例えも、そして共感する側もやはりゲームになってしまうんですよねぇ。
バッテリーバックアップが我々にもたらしたトラウマは重いッ!


投稿者 夢崎 : 2009年2月11日 14:52

思えばパスワード型のセーブって今考えれば不便ではあるけど
確実性や互換性において秀でたシステムでしたよね
短いものなら今でもそらで言えたりします(月風魔伝とか)

でも俺のぼうけんのしょノートの"め"を
全部"ぬ"に書き換えた中山を俺は今でも許さない


投稿者 ksr : 2009年2月16日 20:52

ゲームのデータが多くなるにつれ、
パスワードにすると膨大な量になるためか消えていった方式ですけど、
メモってさえいれば違うカセットでも遊べるのも良かったですね。
記憶力も鍛えられた!

もしパスワードが短くとも、
現在ではドラクエの復活の呪文を生成するソフトなどもできており、
ユーザー側の知識が上がっているため
簡単に解析されてしまう可能性もあるので、
やはりパスワード方式は時代の波に消えていく運命なのかもしれませんなぁ。
最近の子はパスワード覚えずにケータイで写メらしいし。

あと、中山君にげてー


投稿者 夢崎 : 2009年2月16日 23:26

コメントしてくれるのかい?


footer