« 『バイオハザード5』体験版 | メイン | 『バイオハザード5』体験版 その後 »

2009年1月12日

ゲームと映画のカンケイ

 今更だけど、「もってっけー」で有名なマクロスFの「射手座☆午後九時Don't be late」の歌詞をよく見てみると、アイドル八犬伝の主題歌並の意味不明さで戦慄。

 何億光年 大胆なキスで
 飛び越えろ ハラペコなの
 次のステージにいきましょう

 って何なの? 腹減ったまま何処行くの? あと「乙女座生まれファッシネイト」って何なの? 射手座じゃないの? 死ぬの? そんなこと言いつつなんで俺何回も聴いてんの? 洗脳なの? 手遅れなの?

 話はサッパリ変わるけど、ゲームの映画化について。
 ジャッキーチェン主演だったけど、夢に出てきそうなスピニングバードキックとかで大変残念な結果になってしまった『ストリートファイター』とか、
 美形忍者だったはずのハヤテが原型をとどめておらず、なぜか律儀にビーチバレーまで盛り込んでしまった『デッド オア アライブ』とか、
 元はダジャレの低価格ソフトだったのに、いつの間に出てたんだ感満載のVシネ寸前『お姉チャンバラ THE MOVIE』とか。
 最近では『悪魔城ドラキュラ』や『メタルギアソリッド』も映画化らしいけど、長年のゲームファンであればあるほど、ゲームを映画化して名作になることは5億%ないと実感しておられるかと思う。

 でも、これはちょっと観てみたくね?

 知人に教えてもらったんだけど、これはフルで観たい! ていうかこの予告編でもう十分な気もするけど!

 最近のゲームなら、『零』とか『戦国BASARA』とかは映画化しやすそう。
 まともに作ってもいいけど、『零』ならラスボス:片桐はいり、『戦国BASARA』は美形全部:Gackt、斬られる武将全部:柳沢慎吾くらいのショッキングキャストで。
 あとはPCエンジンの『カトちゃんケンちゃん』をリアル加藤茶と志村けんで……って、あれは笑顔で脱糞するからダメか。
 そうだ、宝塚歌劇団使って『エメラルドドラゴン』映画化してくれたら観てみたくね!? あ、ヤマンは柳沢慎吾で。


[ゲーム] [動画紹介] [映画] | コメント (1)

コメント

悪魔城ドラキュラは、昔ログアウトで連載してた手塚一郎氏の小説を土台にして欲しい。
未完だがorz


投稿者 shi : 2009年1月14日 12:52

コメントしてくれるのかい?


footer