« 『ワイルドアームズ ミュージック ザ ベスト -ロッキングハート-』サントラレビュー | メイン | 『月館の殺人』下巻 »

2006年10月22日

法の抜け穴

 個人的にプッシュしているXBOX 360用ソフト『バレットウィッチ』。
 荒削りなところもありますが、世界観が魅力的で……ってそんな話はどうでもいいんだ! まず、こいつを見てくれ。

seifuku.JPG

『バレットウィッチ』では、発売後にダウンロードコンテンツとして新コスチュームの配信が行われており、その数は全部で5つ予定されてるらしいのですが、先日、2つ目のコスチュームが配信されました。

 で、まあ見ての通りの女子高生ルックなんですが、なんというか「制服かー、無難なところ押さえてきたよね」って感じで、特に新鮮さは感じ……

suke.JPG

 す……透けてやがるッ! その発想は無かったッ! 普段から「直球エロ」よりも「規制された中での微エロ」の重要さを説いてますが、上手いとこ突いてきた! なんという制服!

 スタッフブログでは、新コスチュームについてのユーザーからの要望を検討して、ボツになったものを公開したり、大人の事情でそういったモロにエロなのはアレなんですスイマセンといったことが書かれていたりと制作側の苦労が垣間見えるのですが、そんな規制とのせめぎ合いの中、これを通したスタッフはグッジョブ!

 分かってる漢たちによる魂のフェティシズム。
『バレットウィッチ』をお持ちの方は是非、御堪能下さい。






[Xbox360] [バレットウィッチ] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer