« ユーガットスパムメール | メイン | FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN »

2005年9月18日

激動の3日間

 9/15付近は色々と動きがありました。

■14日

 ●FF7の正統な続編であり映像作品である『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』の発売

■15日

 ●『逆転裁判 蘇る逆転』の発売
 ●XBOX360の価格と発売日が発表

■16日

 ●任天堂の次世代機"Revolution"のコントローラ仕様発表
 ●12/22発売の『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』にランブルローズの日ノ本零子と麗琥が出演

ゲームショウの開催に伴って、他にも様々な情報が出ていますが、個人的に大きかった出来事ということで。

■『FF7 AC』について

 逆転裁判と発売日同じだと思ってて、しかもゲームではなく映像作品だし、逆転裁判買いに行った時に、あったらついでに買ってみようかな……くらいの気持ちだったのですが、なんと売り切れ。売り切れて。ゲームでも聞かねぇよ最近。

ちなみに他の店もまわってみましたが、まだ買えてません。特に「絶対買うぜ!」という心意気でもなかったのに、無いとなると欲しくなる。

■『逆転裁判 蘇る逆転』について

 これは、あとでレビューを書きたいと思います。とりあえず第5話、長すぎ!

■XBOX360について

 約4万という価格は、ほぼ想定内。マイクロソフトとしては、かなり頑張った価格だと思います。性能から考えると相当安いはず。同時発売ソフトで牽引力のありそうなのは、やはり『リッジレーサー6』と『DOA4』か。リッジシリーズは、初めてソニー機以外からの本体同時発売ソフトになりますな。DOA4は、XBOXユーザーなら「買う」以外の選択肢は無いッ!

ちなみに、一部のマニアに大人気?の対戦シューティング『旋光の輪舞』も、XBOX360向けに移植作業が始まった模様。斜陽のジャンルと化しているシューティングですが、これからはギャル乗っけて再発進の時代かッ!? でも真面目なシューターに聞かれたら殴られそうッ

硬派な方にはコチラ、『シューティングラブ。~TRIZEAL~』を。どのくらい硬派かというと、一番下のストーリー紹介のところに

『シューティングラブ。~TRIZEAL~』にストーリーはありません。熱い魂を感じたとき、それはユーザーひとりひとりの中に自然に生まれてくるのですから…

って書いてあるくらい硬派。

■Revolutionのコントローラについて

 以前から、家庭用ゲーム機は既存コントローラの呪縛から、いつになったら解き放たれるのかと思ってましたが、本家が、ようやくやってくれたという感じ。ただボタンが増える一方で、操作が複雑になるばかりだったゲームの進化に異議を唱えた このコントローラは、家庭用ゲーム機というものを確立させた任天堂が、ゲームというものを、また、ゲームの"これから"を真剣に考えた結果だと思います。

特に任天堂信者というわけではありませんが、Revolutionは、その名の通りを感じさせます。ゲームをやらない層と、ゲームに飽き始めた層への同時アピールになる、Revolutionの仕様。これまでのアナウンス通り、過去に任天堂ハードで発売された ほぼ全てのゲームが内蔵のエミュレータによりプレイできる機能までついてるわけで、もう「これで成功しなかったらウソだ」というレベル。ニンテンドウ64、ゲームキューブ、と敗北が続いた任天堂の、久々の逆襲劇が見れそうです。

■『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』にランブルローズの零子と麗琥が……について

 メタルギアソリッドは『2』までしかやってないんですけど、これ聞いたら やるしかねぇ!

そういえば『ランブルローズ』についてのレビューとかスッカリ忘れてましたけど、あのゲームを語るには映像見てもらうのが一番なのに、相手が あのコナミだけに、画像を出しづらい! 「上記の画像はコナミに著作権があるんだってばよ!」とか書けばいいかなァ。ちなみにAV業界では早速……いや、念のため、hを抜いたリンク先の記載だけに留めておきます。

ttp://www.naturalhigh.co.jp/r1/images/article/large/jyoyuu/monbuleroses_00.jpg


[NEWS] | コメント (1)

コメント

FF7 ACのDVDは北海道の田舎でも売り切れております。
まぁ、UMDのはありましたが、
でも初期のPSPじゃ再生できず。
バージョンアップしないと見れないなんて・・・


投稿者 oni : 2005年9月18日 18:58

コメントしてくれるのかい?


footer