« HTML直撃世代の憂鬱 | メイン | 日本一遅い『WILD ARMS the 4th Detonator』レビュー »

2005年4月28日

『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』 サントラレビュー

rsms_sp.JPG


 さて昨日は『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』のサントラ発売日だったわけですが、元々、ゲームミュージックというものはCDショップではコーナーが無いところも多く、よくてアニメのコーナーにまとめて置かれているくらいで、それもFFなどの人気作のみしか置かれてないことがほとんどです。

 あまつさえ田舎住まいともなると、もはやAmazonに頼るしか無く、熊本でも中心部まで行けば置いてある店があることはあるんですが、いかんせん遠い。しかしAmazonで注文して届くまでの日数が子供のように我慢できない俺は、愛車を駆って風になった―――。

 で、買ってきたわけなんですが、久々のイトケン節が炸裂しっぱなしのCD4枚組・全103曲。『新約 聖剣伝説』の時は、過去の曲にとらわれすぎていたのと、GBA音源の限界もあって総合的に良い評価は聞かれなかったのですが、今回は変えるべきところは変える大胆なアレンジと、スーファミ音源から一気に豪華になった音色とで、特に昔、ロマサガにハマっていた人にとっては懐かしさも相まって、魂に突き刺さるサウンド間違いなし。

 ゲームの方は、リメイクでありながらもシリーズ集大成的な要素を持っているのですが、曲の方もまさにイトケンヒストリーの集大成で、『ロマサガ3』のバトル曲から見られたハイスピードドラムもボス曲には積極的に取り入れられ、RPGサウンド史上、稀に見るアツい仕上がり。ワンダースワン版で登場した三邪神の一人・シェラハのバトル曲も恐ろしいほどヘビーメタルと化し、もうイトケンになら抱かれてもいい、そんな雰囲気。

 イトケンといえばバトル曲、というイメージがあるのですが、今作で追加された新曲は非常にバラエティに富んでおり、イトケンの成長を肌で感じられる1枚(4枚組だけど)に、なっているのではないかと思います。

 最近はゲーム曲は音源の豊かさからくるのか、昔の「ゲームっぽさ」みたいなものが無くなってきているように思うのですが、イトケンの曲は印象的なメロディーラインがハッキリしており、聴いててちょっと恥ずかしくなるほどの盛り上がりフレーズを使ってあったり。だが、そこが良い。聴く人によっては幼稚と感じるかもしれない、でもゲーム曲の良さってのはこれなんじゃないか、と思い返す良質の曲群。

 ロマサガファンでなくとも、このゲームをやらずとも、このサントラだけは買ってしまっても良いんじゃないかと思う、ゲームサントラ久々のクリティカルヒットでした!







[イトケン] [ゲーム音楽] | コメント (3)

コメント

連日更新されていることがハアハア


投稿者 Anonymous : 2005年4月29日 00:11

あんた誰 ハアハア


投稿者 夢崎 : 2005年4月29日 03:40

http://hoshinaga.net/kuchimyu/ikaruga_boss1_k.mp3

これとかいい曲です。

http://hoshinaga.net/kuchimyu/rsaga_ms_sif.mp3
こっちがミンストレルソングだそうですg


投稿者 Anonymous : 2005年7月 9日 00:49

コメントしてくれるのかい?


footer