« PS2『ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』 | メイン | ご挨拶 »

2003年12月31日

ファルコムスペシャルBOX 2004

ファルコム公式サイト内・特設ページ

 『イース6』の熱も冷めやらないまま、あのPCエンジンの名作『風の伝説ザナドゥ』が復刻。俺これ、高校の時に発売日に買って、普通に学校行きながら三日でクリアしたんですよ。もうアホかと。このゲーム、ボリューム的にも結構ある方だと思うんですけど、その時、クラスに一人、ゲーム進行速度を張り合ってたようなヤツがおりまして、そいつの影響もあって、アホみたいな勢いでクリアしました。でも、いわゆる「早解き」という感じではなく、ストーリーを堪能し、ゲームとしてキチンと味わいながらの三日間クリアだった覚えがあります。ラストダンジョンの鬼加減と、ヒロインが○になるのが非常に印象的デシタ。

 で、まあそんな俺事情は置いといて、ゲームとして、すごく良く出来てたと思うんですよ。この『風の伝説ザナドゥ』。同名の「ザナドゥ」てゲームが同じくファルコムから出てますけど、あれとは基本的に全然関係なく、これは『風の伝説ザナドゥ』という、一つの完成された作品です。たしかファルコムが自ら家庭用機で作ったゲームとして、当時でも話題になりました。『イース4』もPCエンジンで発売されましたが、あちらはハドソンが関わってます。オールファルコム製の家庭用ゲームって、これと、続編の『風の伝説ザナドゥ2』くらいのもんじゃないでしょうか。

 ゲーム的には、初期の『英雄伝説』シリーズのフィールドで、『イース』の体当たり形式で敵を倒していくようなゲームなんですけども、とにかく恐ろしくテンポが良い。下手すると単調作業になりかねないこのプレイ、ややもするとトランス状態。

 そして、なんといっても音楽が良い。ファルコムの昔のゲームでは必ず言われることですけど。特にこの『風ザナ』では、普通のゲームで見かける「あ、この曲いいな」と思えるような曲を寄せ集めて構築したかのようなベスト盤状態。曲数的にも異例の大ボリュームで、当時発売されたサントラは今や若干プレミア気味。しかしそのサントラでも全曲は収録していなかったところ、今回のファルコムBOXでは全曲収録のサントラも同梱っていうからもうヤバイ。この時点で買いなんですよ俺らの「風ザナ」世代は。畜生、卑怯なんだよファルコム! とか言いつつもファルコム通販で申し込み入れる俺がいるんですよ。

追記:
このエントリは書かれた日が不明なため、12月31日に設定されています。


[PC] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer