« GBA SP、その感触 | メイン | PS2『ファイナルファンタジーX-2』レビュー »

2003年2月15日

PS2『ドラゴンボールZ』

 13日にコッソリ発売されたPS2『ドラゴンボールZ』、なんか微妙に面白そうなんですけど。
ファミ通の開発者インタビューでは、

「じつは、あまりゲームバランスを厳しくしていないんです。もちろん、どのキャラクターを対戦させても絶対勝てないということはないんですけども、「コイツ勝てるの?」というのがあってもいいかなと思いまして。実際、ヤムチャは誰に対しても弱いんですよ。でも、弱いからこそヤムチャじゃないかと(笑)。ただ、いままでのヤムチャがバトルキャラとして登場したゲームって『ドラゴンボール』シリーズでは ほとんどないので、そのヘタレっぷりを見てあげて下さい。実際ゲームバランス的に弱くても、キャラクターに愛がある人なら勝てるかもしれませんよ

と、開発者に(笑)マークまで使われて その弱さに太鼓判を押されてしまったヤムチャ。やはり足元は お留守なのかどうかが気になるところですが、なんか天津飯の技に排球拳があるとかで、ちょっと変なとこ凝りすぎじゃないの、と思いつつも非常にやってみたい自分がいたりします。でもラディッツ編以前や魔人ブウ編のキャラはカットされてるらしく、ジャッキー・チュンやゴテンクスは使えないのかー、と思うと、ちょっと残念。ランチさんとか。






[PS2] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer