« 異議なし! GBA『逆転裁判2』レビュー | メイン | もう日記っていうか月記 »

2002年11月12日

PS2『ICO』海外攻略本レビュー

 10/17に『ICO』がベスト版となり、お安くなっております。未体験の方、是非この機会に。

 さて、この日記でも散々プッシュし続けているPS2用ゲーム『ICO』。嬉しいことに、この日記を見て『ICO』を買ってみたというお声もチラホラ頂き、書いてて良かった公文式。もはやここまでくるとサブリミナル一歩手前な感もありますが、今回も懲りずに取り上げさせて頂きます。テーマは「これでもか、これでもか」。PS2持ってる人に全員プレイさせる勢いで宣伝活動。「時々リピートするのがファンのつとめ」って『苺タイムス』のみかんちゃんも言ってたんですよ。(誰も分からない)

 というわけで今回は海外版『ICO』の攻略本の紹介です。こんな表紙↓

ico_page0.jpg

 『ICO PRIMA'S OFFICIAL STRATEGY GUIDE』(約15ドル、日本円にして約2000円)。大手通販サイトAmazon.co.jpなどで購入可能です。日本のイメージと違い、ヨルダの顔がクッキリ描かれていたり、やはりイコはどことなくアメコミタッチ。ちなみにアップにすると、

ico_ico.jpg

かなり濃いですイコ君。ちなみにこの写真では分かり辛いのですが、実はそばかすもあります。頭に巻いている布っぽかったものも、すでにアーメットヘルムのひさし状態と化しており、かなり強そう。いきなり歴戦の勇者といった風格。顔の右横に吹き出しで「ママのおっぱいでもしゃぶってな!」とか喋らせたいです。

 特に『ICO』は会話やメッセージ自体が極端に少なく、日本版と海外版の差がほとんど無いゲームですので、この本は、そのまま日本版の『ICO』の攻略本として使用可能。謎解きの説明文などはもちろん英語ですが、画面写真が豊富に掲載されているオールカラー本なので、画面写真を順に見ていくだけでだいたいの攻略法が掴めます。キャラクター紹介のページでは、日本では「少女」や「ヨルダ」と控え目な表現が多かった中、この本ではバッチリ「Princess Yorda」と表記されているなど、興味深い点も。

ico_py.jpg

……とは言え、すでにソフトバンクからちゃんとした日本版の攻略本が発売されているので、よほどの物好きでない限り、わざわざ買うほどの代物では無いのですが俺はクリア後に両方買いましたよ?

 ちなみにソフトバンク刊の方は、2周目について(海外版には2周目が無いのかも?)や、ヨルダ語をアルファベッドに変換できるプチ解読表もついてます(2ページ目にコッソリと)。後ろの方には開発者インタビューも載っていて、しかもお値段1,400円。どう考えてもこっち買った方がいいんですが、ファンは両方買って当然! しかしこの無駄に大きい版型は如何ともしがたい。アメリカってホント大きいの好きだな! ヤダ貴方、今ちょっとエロスな事、考えたでしょう。


[PS2] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer