« FFX-2は局所的オススメ | メイン | 日本一遅い『ワイルドアームズ Advanced 3rd』レビュー »

2002年3月31日

余計な知識がグングン身につく

助手子「あれから2週間ほど音沙汰の無い先生。ウフフ、きっとワイルドアームズで隠しボス相手に奮闘してるんですよ。ちょっと先生の部屋に侵入してしまいましょう……」

先生「クッ……2……いや、4か」

助手子「おお、何やら悩んでいる声が。きっと2ターン後の敵の行動とかを予測してるんですね……」

qdb_xx.jpg

助手子「って全然違うゲームじゃないですか!!

先生「うわビックリした。いつからそこにいたんだ助手子。ていうか家には鍵かけてたハズだが……」

助手子「そんなことより、なんですかそれ! てっきりワイルドアームズやってると思ってたのに! なんでそんなどこの馬の骨とも分からないクイズゲームやってるんですか!」

先生「いや、な。ワイルドアームズのラスボスが9回も変身してキレそうだったから、アツくなった頭をクールダウンさせるために。」

助手子「もうっ……隠しボス全部倒したら貸してくれる約束なんですから、早くお願いしますよぅ。で、なんですかこのゲームは」

先生「PS『NICE PRICEシリーズ Vol.06 クイズ DE バトル』っていう、デジキューブがお届けする低価格シリーズの1つなんだけどな。クイズ大会に優勝して貰える賞品で自分の部屋を飾っていくという、なんだかよくわからない要素が俺の妖怪アンテナを直撃したので購入した。ちなみにワイルドアームズと同じ発売日。」

助手子「そんなアンテナに反応するってことはどうせまた変なゲームなんでしょ」

先生「そんなことはないぞ。まっとうなクイズゲームだ。まあ、数あるジャンルの中でも、こと『ゲーム』の問題になると急にマニアックになる気はするんだが。だいたい、『FF7の主人公・クラウドの年齢は?』なんて聞かれて、すんなり答えられる方がおかしい。ゲーム中にそんな情報出てこねぇし。ちなみに21歳な。」

助手子「なんだかんだ言って知ってんじゃないですか。」

先生「あと、司会の2人が金銭欲丸出しなところも好感度高い。」

qdb_01.jpg qdb_02.jpg

先生「男の方は自分の名前より先にボーナスの話を始める金の亡者っぷり、それに応える女の方もボーナスと聞いて俄然やる気が出た模様。この金臭さ満点の挨拶で、クイズ大会の火ぶたは切っておとされる」

助手子「早速イヤなんですけど」

先生「あと、ゴッドオブクイズモード、難しすぎ。1問でも間違ったらその場で終了なんだぜ。せめて5問くらいまでは間違いOKで、正解するごとに間違えられる回数が1回増えるとか、間違ってもいい回数が一定数溜まると司会のナッちゃんの服が脱げていくとかじゃないと……なぁ?」

助手子「ど、同意を求めないで下さい。」

先生「まあそう言わずにやってみろ。ハイ、コントローラー」

助手子「え、そんな、急に渡されても」

先生「ホラホラ、問題が始まったぞ」

qdb_x1.jpg

助手子「え。PCエンジンって言われても……」

先生「なんかこのゲーム、PCエンジン絡みの問題が多いんだよな……ホラ、3だ、3。即答しろ」

助手子「うぅ。無茶言わないで下さいよぅ」

qdb_x2.jpg

助手子「いや、そんなこと言われても……。

先生「2だ。そう言えば何故かコナミ・ナムコ関連の問題も多い気がする」

助手子「そうじゃなくて、もっと根本的な何かが……」

qdb_x3.jpg

先生「正確にはディスクシステムだったと思うが……。まあ細かい事は言うまい」

助手子「(無視して)え、え~と、タイトルがカタカナでリサだから……3、かな」

先生「バカ、2だ。それよりも、『理沙』じゃなくて『理佐』だった気がするんだが……クッ、どっちが正しかったっけか」

助手子「帰りたい! お家に帰りたい!」

追記:
メーカーのHPにてインターネットランキングが行われていたが、ゴッドオブクイズモードにて私が優勝してしまった、なんだか思い出深いゲーム。






[先生と助手子] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer