« 高熱の罠 | メイン | 感動の種類 »

2002年2月22日

サントラ『ICO ~霧の中の旋律~』レビュー

ico_cd.png


 この日記でも何度かお伝えしているゲーム『ICO』のサントラCD。
 元々、ゲーム中にBGMらしきBGMがほとんど無いだけに、どんなCDになるのかと思ってたのだが、場面が切り換わった時にちょっとだけ流れた曲なんかが結構あって、
 テーマ曲「ICO ~You were there~」を含め、全16曲。それでいて定価1,470円というのは、一般的に、シングルCDが1,000円前後はすることを考えると、ゲームサントラにしては異例の安さかと。

 で、このCDのコアとも言えるテーマ曲「ICO ~You were there~」。もう、なんて言うか、ボーカルが聞こえてきた時点で、ゲームをクリアした時のあの感動が蘇ってきて、涙腺防波堤、決壊寸前。
 というか「感動」という単語って、なんだか安っぽくて、あまり使いたくないのだけど、それでも「感動」、としか言いようがないわけで。
 種類的には、「うおおおお! ディ・モールト!」という盛り上がり系の感動ではなくて、心臓を針で突つかれるような胸キュン系の感動。せつなさ炸裂の。
 渡せなかったラブレター、ビンに入れて海に投げてみたの、みたいな。転校するって、なんでもっと早く言ってくれなかったの、みたいな。隊長! 自分、説明が下手であります!

 俺は静かな曲が非常に苦手で、テンポがゆっくりな曲は大抵、聴いててイライラするという、ひどく情緒の無い人間なんですが、この曲は超大好き。
 イメージ的には……えーと……「ロミオの青い空」のオープニングテーマ「空へ…」みたいな。隊長! 自分、説明が下手であります!

 とにかくそんなナウロマンティックなテーマ曲「ICO ~You were there~」含む、ナイスサントラ。『ICO』ファン必携、DA・ZE!



[PS2] [ゲーム音楽] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer