« Give me a break! | メイン | あの日 »

2002年1月31日

『ICO』追記

 前回はクリア直後で舞い上がっていたこともあり、欠点の方を全く書いてませんでしたが、欠点というほどではないにしろ、若干、気になっている部分はあります。以下、ゲームをプレイしたことのある人向け。

■まず、少年の「ツノ」は結局何だったの? という点。

「そういう種族だから」と言われたらおしまいですが。何か、もうちょっとストーリーに関わってきたらな、と思ったり。このツノのせいで生贄として連れて来られたわけで、忌み嫌うモノであるはずのツノなのに、崖から落下した時にツノが引っかかって助かるとか。
例:「これが無ければ……死んでいた……」

■2周目では、1周目で分からなかったヨルダのセリフが分かるようになるのですが、せっかくだからもっと色々喋ってほしかったなァ、という点。

無口で、イコに引っ張られてトテトテ走るのも可愛いんですが、2周目だけでも、色々喋ってくれたらなァ、とか思ったり。結構、全然関係ない事とかを。
例:「そのツノ……ハリケーンヒートには向かないわね……」

■圧倒的な、やり込み要素の不足。

良いゲームだけに長く遊びたいものの、2周目以降、周回数すらカウントされず、他に記録される事項が全くナシ。上級者向けの「海腹川背」ばりのハードアクションや、隠し部屋なんかも盛り込まれてると面白かったんですけど。ああ、『メタルギアソリッド』シリーズにある「デジカメで撮影」だけでもあったなら! もう、俺だけのヨルダさんアルバムで8Mメモリーカードをパンクさせるのに。そしてコスチュームチェンジ! たとえ「100回クリアしたらセーラー服」とかいう条件でも、俺は笑顔でやり遂げますよ。

■そして続編希望。

ただ、今作があまりにも完成されすぎている為、少なくともイコとヨルダの話はこれで終わった方が綺麗でいいかもしんない、と思ったり。基本システムはそのままで、今回のような「行ってみたい」と思える不思議に居心地の良い場所を舞台に。女子校とか。

 で、友人に2chの『ICO』関係のスレッドを紹介してもらったのですが、なんだか皆さん、クリアそっちのけで「パンチラポイント」「無理心中ポイント」の探索に余念が無い様子。なんだよオイ! 気が合うじゃねぇか!


[PS2] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer