« 最強のマンガ登場 | メイン | ドラベース »

2001年9月 5日

クイズ世界はShow by 娼売

「『クイズ世界はShow by 娼売』ー! 司会のアンジー山本山です」

「何言ってんですか。先生じゃないですか」

「それでは第1問! 音声のみのVTRを見て、何をしているところかを当ててもらいます。さーて『何を作っているのでしょ~かッ!?』

「あんッ! あんッ! 今日のアナタ、なんか激し……あんッ!」
「へへ、まだまだこんなもんじゃないぜ……失神すんなよ?」

ピポーン

「ハイ、助手子さん!」

「え、いや私、押してな」

「回答をどうぞ!」

「いや、だってこれ、どう聞いても」

「回答をどうぞ!」

「そ、そんなの言えるわけ」

ブー! 残念! さ~て『何を作っているところでしょ~かッ!?』

「そろそろ……出すぞッ……」
「う……うん、出し……て……ッ!」

ピポーン

「ハイ、助手子さん!」

「このスイッチ、壊れてますよ!」

「回答をどうぞ!」

「なんで回答者、私だけしかいないんですか!」

「ブー! さ~て『何を作っているところでしょ~かッ!?』

「ねえ……2人目、私は男の子だと思う、な……」
「そうか? 俺は女の子、かな……」

ピポーン

「ハイ、助手子さん!」

「帰して! お家に帰して!」

「回答をどうぞ!」

「グスン……グスン……こ……子供」

ブー! ハイここまで! では正解のVTRを見てみましょう」

「いらっしゃいませー!」
「ホラ、男の子だったでしょ?」
「チェッ、またお前の勝ちか」

「というわけで正解は『パン屋を営業中の夫婦がパン生地を叩くところから始めて、出来たパンを店頭に出しつつ、次に来る客は男か女か賭けていた』でしたー!」

「ひどい! 引っ掛けにもほどがあります! 第一、VTR始めで奥さんはなんで喘いでいるんですか!」

「それにしても『子供』だなんて、助手子さんは何を想像したのかなー」

「あと、パン、焼いてないじゃないですか!」

「それではまた来週ー!」






[先生と助手子] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer