« 日本語 DE ドットコム | メイン | 全然メリーじゃないクリスマス »

2000年12月20日

PS1『ドラえもん3 魔界のダンジョン』レビュー

パッケージ

 『ドラえもん3 魔界のダンジョン』、クリア!
 クリア後に出現する地下100階のダンジョンもクリア致しました!

 最後のダンジョンにも関わらずアイテム持ち込みが出来るのが大きく、苦戦という苦戦はせず。というか楽勝。でも99階で狙ったようにモンスターハウスが出て、なんか黒いドラゴンが炎で遠距離攻撃しまくってきた時は半泣きでしたけど。

 で、感想なんですが、ハッキリ言って当初の予想は遥かに越えたデキで「すいませんエポック社ナメてました」といったところ。ゲームシステムはモロ「不思議のダンジョン」のパクリなんですが、特筆すべきは、 ひみつ道具のチョイス。既存の「不思議のダンジョン」シリーズのアイテム効果に合わせた、見事な道具設定。「大部屋の巻物」の効果を持った「ポップ地下室」が出てきた時は心底「上手い!」と思いました。

 他にも「ドラえもん」独自の効果を持ったアイテムもあり、「出前電話」を使うと次の階で店が出現するとか、「苦労みそ」を使うと次の階でモンスターハウス(このゲームでは「魔物の群れ」表記)が出現するとか、「無人境ドリンク」を使うと次のフロアに敵がいなくなるとか(個人的には「独裁スイッチ」にしてほしかった!)。

 また、何の役にも立たないマイナスアイテムの類も上手く、「見えなくなる目薬」(使うと透明人間になるのではなく、自分が相手を見えなくなる)などはナイスかつマニアック。あと、言われないと名前なんか出てきそうにない「ゲラメソプンピストル」、「聖域の巻物」の効果を持つ「ナワバリエキス」、「倉庫の壷」の効果を持つ「空飛ぶ荷札」など、納得のラインナップ。「ドラえもん」には元々、役に立たない道具がいっぱい出てくるので、ゲーム的にも相性が良かったんでしょうなー。

 ただ、いくつか効果がおかしいアイテムもあります。
「瞬間リターンメダル」が、ただランダムにどこかへ飛ばされるだけだったり、最強のひみつ道具であるはずの「ソノウソホント」が武具の呪い解除アイテムだったり。次回作では更に練り込んでほしいですね!

 しかし『トルネコ2』にあった「ダンジョン内にある鍵つきの扉」までパクらなくてもいいような。その鍵が「万能オープナー ひらけゴマ」だったのは参りましたけど。


[PS1] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer