« PS1『ドラゴンクエスト7』レビュー | メイン | 日本語 DE ドットコム »

2000年9月26日

架空カードバトル「ラブコメファイト」

先生「突然だが、今から俺の作ったカードゲームをする。ハイこれお前の手札」

助手子「え? あ、ハイ」

先生「じゃあまず俺のターン。キャラカード『ナイスガイ』を守備表示、ターン終了」

助手子「えーと……じゃあ私のターン、キャラカード『15歳の女の子』を守備表示、アイテムカード『セーラー服』装備。ターン終了」

先生「じゃあフィールド変換『俺の部屋』。そしてマジックカード『睡眠薬』。」

助手子「それ全然『マジック』じゃないような」

先生「お前は10ターンの間、動けない。そしてマジックカード『生まれたままの姿』使用。お前の装備アイテムは全て消滅。」

助手子「じゃあ『セーラー服』を脱がされたってことですか」

先生「そう」

助手子「やだなぁ」

先生「スペシャルマジックカード『もう我慢できない』使用。俺のキャラのパワーが2倍に。」

助手子「なんかイヤなカード多いですね。特に名前。」

先生「キャラ『ナイスガイ』で『15歳の女の子』攻撃。」

助手子「一撃で倒されました。なんかスッゴイ屈辱的。」

先生「俺の勝利。キャラ『15歳の女の子』は俺の手札に入る。」

助手子「えっ、そんなルールなんですか。」

先生「お前はまだ動けないので、続いてまた俺のターン。『15歳の女の子」にアイテムカード『スクール水着』装備。」

助手子「やけにマニアックなカードですね」

先生「フィールド変換カード『プール』使用、イベントカード『おぼれる』使用。『15歳の女の子』が1ターンの間、行動不能」

助手子「? なんで自ら行動不能に……」

先生「イベントカード『人工呼吸』使用。『15歳の女の子』が目を覚ます。」そしてイベントカード『見つめ合う』発動。」

助手子「さっきから私、何もしてないんですけど」

先生「イベントカード『俺、前からお前のこと…』発動。」

助手子「なんなんですか、そのカード!」

先生「そして『やや強引にキス』カード→『ん……バカ』カードのラブコメコンボ発動。2人のキャラカードがパワーアップ。」

助手子「このカードゲーム、つまんなーい!」

先生「フィールドカード『体育倉庫』使用。イベントカード『誰か来たらどうするの』、『その時はその時さ』発動」

助手子「わーん! こんなのカードゲームじゃなーい!」

先生「『とび箱プレイ』カード発動、『見られると燃えるんだろ』カード発動、『ち、違うモン』カード発動、『嘘つけ、ここはもうこんなに……』カード発動……」

助手子「わーん、新手のセクハラだったー!」






[先生と助手子] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer